前身は東京探偵団。同劇団に所属していた涌井拓也が、主宰として新たなコンセプトのもと、演出・脚本に東京探偵団から奥脇健一、役者に涌井拓也(主宰)、横田英夫(J-CROWN)で立ち上げた劇団。
横田は三代目ケツメイシオーディションに合格し、1FINGERとして活躍中。現在はダンス、振り付け、クリエイター枠で劇団活動に協力している。
公演ごとに個性豊かな役者を客演で迎え、佐野弘樹、荒井愛花は劇団カラーのベースとして毎公演出演している。
舞台とクリエイターが持つ個性の融合を追及しており、独自のコメディー感を醸し出すと共に、
観客との一体感を意識した創りこみは、”舞台はエンターテイメントである”ことを改めて感じさせる。

「東京探偵団」時代の代表作・Park Park Show 青山円形劇場

森チャック氏(代表作:グル~ミ~)が舞台用にデザインしたキャラクターからイメージを起こし、脚本化・演出。
アバレンジャーのブルー役でも活躍した富田翔を主役に迎え、青山円形劇場全体を公園に見立てた舞台は、森チャック氏デザインのキャラクターが舞台化されることと合わせて注目を集める。

・売春捜査官(オマージュ公演) 高田馬場ラビネスト

劇団syuen脚本・演出の奥脇が公私ともに指導頂いた“つかこうへい”へのオマージュ公演として、ライフワーク(数年に1回)にもなっている「売春捜査官」を、元AV女優の森川真羽を木村伝兵衛に迎え好評を博す。
舞台上で実際にマカロンを作り・食べ、匂いとリアリティーの演出にチャレンジしたことから関係者から驚きの声があがった。

涌井拓也

劇団syuen主宰・俳優 涌井拓也

涌井拓也(わくいたくや)

涌井拓也(わくいたくや)

1986年6月26日生まれ 栃木県出身
東京電機大学在学中の18歳からモデル・俳優として各メディアで活躍。
特に、「CHOKiCHOKi」「BiDaN」での人気が高く、「anan」で、女性が見たい裸(nude)特集されるほど細マッチョを自認している。
各種ファッションショーにも多数出演し、それらの経験をもとに2015年4月に自らが主宰・俳優を務める「劇団syuen」を立ち上げる。
その芸能の幅は俳優だけに留まらず、2014年からは日本一ウザいマジシャン・からくりど~る指導のもと、一座に所属しマジシャンとしての活動も順調で、師匠とのTV共演も好評。
ちなみに酒宴好き。

×
荒木次元

劇団syuen 制作・舞台監督 荒木次元

荒木次元(あらきじげん)

第2回公演「神さんは勉強ができない」に出演
第3回公演からは劇団syuenの制作として携わる。

×
奥脇ケンイチ

劇団syuen 作・演出 奥脇ケンイチ

奥脇ケンイチ(おくわきけんいち)

奥脇ケンイチ(おくわきけんいち)

1970年生まれ 46歳
2014年~ 劇団syuen 演出・脚本
劇団syuenの脚本・演出以前は、東京探偵団主宰&演出・脚本
各種舞台の演出・脚本、シナリオ、旅行記、ノンフィクション等を中心に活動。

×
佐野弘樹

劇団syuenメインゲスト

佐野弘樹

佐野弘樹(さの ひろき)

×
荒井愛花

劇団syuenメインゲスト

荒井愛花

荒井愛花(あらい まなか)

×